mysqld_safe

mysqld_safeとは、MySQLサーバーの起動スクリプトで、Unixでmysqldサーバーを起動するために推奨されている方法で、

エラー発生時の再起動やランタイム情報のエラーログファイルへのロギングなどの、いくつかの安全機能を追加する。

pythonのrandomモジュール

pythonのrandomモジュールは乱数値を取得するモジュール。

 


random.random()・・・0.0〜1.0までのfloat値を取得

random.uniform(x,y)・・・x〜yまでのfloat値を取得

random.randint(x,y)・・・x〜yまでのint値を取得

random.choice(param)・・・param内から1つの要素を取得

random.shuffle(array)・・・array内の要素をシャッフルする

が主なrandomモジュール。

Mac Book Proがスリープ状態から復帰した時にタッチパッドとキーボードが使えなくなった時

対処法1:電源起動直後に「Command」+「Option」+「P」+「R」を長押する

これによりPRAMがリセットされる

PRAMリセットとは・・・

ユーザー設定などの時間や日付などをリセットすること。

 

対処法2:Shift+Control+optionを押しながら電源ボタンを押す

SMC(システム管理コントローラ)がリセットされる

 

対処法3:genius barに持っていく

ここに持っていけばほぼ治る

genius barに持って行って治るなら費用は1万1千円で済むが、

genius barでも治らなければ、Appleに持っていくしかなく、費用は6万5千円かかる

 

etc...

Macは電源キー以外のキーとタッチパッドが同じ基盤らしい・・・

HTTPステータス

200番台

成功。

 

300番台

リダイレクト。

 

400番台

クライアント側のエラー。

 

500番台

サーバー側のエラー。

HTTPヘッダー

ユーザーエージェント

ブラウザの種類やOSの情報。

 

リファラ

どのページからリクエストが発生したものなのかを示す。

 

更新されてたら(If-Modified-Since)/同じでなければ(If-None-Match)

ローカルキャッシュのデータが消去されていないかをチェックするために、ファイルの変更日付や管理情報をリクエストに含めておく。

 

クッキー

ブラウザに保存されているクッキーデータは毎回サーバに送られる。

ログイン状態を続けられるのは、ログイン時にサーバから送られてきたクッキーをブラウザが保存していて、リクエストの際に送っているからログイン状態が保てる。

 

受け取り希望(Accept,Accept-Language,Accept-Encoding,Accept-Charset)

どんなデータを受け取りたいか、画像や種類、言語、文字コードなどの希望を伝える。

MAMPのmysqlが動かなくなった時の対処法

とりあえず起動と停止

mysql.server start

mysql.server stop

 

停止した後に次のコマンドを打ち込む

mysqld_safe --skip-grant-tables &

 

この後にログインする

mysql -u root

 

で動くはず。

 

 

MACでaliasの設定

cd $HOMEで自分のホームディレクトリに移動し、

cd vim.bashrcで.bashrcファイルを開く。

ファイルを開いたらそこにエイリアスを定義する。

alias エイリアス名='コマンド名'

(例)alias ll 'ls -l'など

エイリアスを定義したらファイルを保存する。

次に、「.bash_profile」ファイルを編集する。

cd $HOMEで自分のホームディレクトリに移動し、

vim .bash_profileで.bash_profileを開く。

source ~/.bashrcと記述してファイルを保存する。

これで定義したエイリアスが使用できる

はず。